64チャンネル デジタルマルチトラックレコーダー/プレーヤー『DA-6400シリーズ』の最新ファームウェアV2.00を無償ダウンロード開始

Press release
2018-04-26

2018年4月26日


ティアック株式会社(本社:東京都多摩市、代表取締役社長:英 裕治)は、64チャンネル デジタルマルチトラックレコーダー/プレーヤー『DA-6400シリーズ』の最新ファームウェアV2.00をリリースいたしました。
 

TASCAM_logo
品名 型名 メーカー希望小売価格 発売予定日
64チャンネル デジタルマルチトラックレコーダー/プレーヤー DA-6400 オープンプライス 発売中
64チャンネル デジタルマルチトラックレコーダー/プレーヤー DA-6400dp オープンプライス 発売中

『DA-6400シリーズ』はMADI/Danteなどフレキシブルなオーディオインターフェースに対応し、Pro Toolsシステムとの同期運転によるバックアップ録音も可能な1U 64チャンネルデジタルマルチトラックレコーダー/プレーヤーです。

その『DA-6400シリーズ』が最新ファームウェアV2.00により新機能の追加やユーザビリティが向上を致しました。

 

【V2.00の新機能一覧】

  • 劇場、アミューズメントでの送出に最適なシアタープレイ機能に対応
  • JPPAポン出しプレイリストに準拠したプレイリスト機能。エントリー毎の再生範囲の設定も可能
  • 再生中のテイクの再生が終了したとき、次のテイクの先頭で再生待機状態になるAuto Readyに対応
  • フォルダ内全テイクでのタイムコード同期再生に対応 (V2.00以前はカレントテイクの同期再生)
  • 32bit PCM形式/32bit float形式のWAVファイルの再生に対応
  • テイクリストをテイクタイムコード順、もしくはテイク名順に並び替える機能を追加
  • ホーム画面で、カレントテイクやプレイリストを操作するメニューを表示する機能を追加
  • 選択したメニューページだけを表示させるマイメニュー機能を追加
  • mDNS(Multicast DNS)に対応し、Mac OSやmDNS対応のTelnet、VNC、FTPのアプリからDA-6400のネットワーク接続が簡単に可能
  • VNCサーバーの2種類の圧縮転送フォーマットに対応
  • メニュー画面のSNTPページに現在日時の表示を追加
  • 録音中にバッファーオーバーフローが発生した場合のマークポイント設定
  • BWFファイルのBEXTチャンクデータにTrack Namesなどのメタデータを追加
  • BWFファイルにTrack NamesなどのメタデータのiXMLチャンクデータを追加

詳細はリリースノートをご参照ください。

 

製品詳細情報についてはこちらをご覧ください。
DA-6400シリーズ

 

リンク

DA-6400